2021-04-06

2021年4月17日(土)『Another Edition』

 

海洋天堂

アイリッシュミュージックをベースに
ほんのりストレンジな陽だまりサウンドを奏でる"海洋天堂"が登場!

ジャパニーズインディをこよなく愛する岐阜の庭師・K氏主宰のライブイベント「Another Edition」を開催!

ゲストは、名古屋発、ヴァイオリンとギターと歌のアコースティックデュオ“海洋天堂”。アイリッシュ音楽とフォークをベースにした陽だまりサウンドと、プリミティブな歌声による素っ頓狂なメロディが妙にクセになる!牧歌的なアコースティック音楽のようでいて、「たま」を想起させる奇妙な日本語フォークの世界や、Kレコーズ周辺のDIYフォークにも共鳴するような天然のストレンジ感に魅了される人、続出!今回は、ベアーズマーキン、TANGINGUGUN、slumなどのバンドでドラムを叩いていた喜多良介がゲストドラマーとして参加するスペシャル編成で出演とのこと!

共演はこの二組!

1組目は、あまりに独特な弾き語りスタイルの鬼才フォークシンガー”鳩山 浩二”。太いバリトンボイスの美声に、ダイナミックたっぷり流麗なギタープレイで、ユーモアと悪意と趣味世界が交差する21世紀のフォーク〜ブルース〜ブギウギ〜シャンソンを奏でます。連想ゲームのように勝手に走り出す言葉の暴走列車!久しぶりの登場です!

2組目は、ギブミー初登場、安曇野の中村健太率いるスリーピースバンド”kentabugs”。ヒップホップ、ポエトリー、レゲエ、ジャズ、フォーク、サーフミュージックなどを咀嚼し、ジェントリーな手触りで淡く描くアコースティックアンサンブルと、ユーモアで戯けつつもどこか達観した視点で生活をカラッと描写するリリックが胸を打ちます!

人柄のユニークさがそのまま不思議な手触りとして反映された三者三様のアコースティックミュージックをお楽しみください。

※キャパシティの50%の人数制限で行います。ご来場の際はマスクの着用の徹底をお願いします。

////////////////////////////////////

2021年4月17日(土) Give me little more.
『Another Edition
▽LIVE:海洋天堂 / 鳩山浩二 / kentabugs
▽料金:¥1,500 (前売り当日共通) +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 / (開演)19:30
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

海洋天堂
懐かしくも、ちょっぴり寂しいフォークソングと、アイリッシュの伝統音楽を演奏するバイオリンとギターの二人組です。

鳩山浩二
エンターテイメント弾き語り。
普遍的な感情や独自の趣味の世界(伝統こけしやラーメン二郎)を、ユーモアと悪意を織り込みながら歌う自作曲の他、歌謡曲やJポップ、自訳のシャンソンなど、独自の解釈によるカバーの持ち曲も多い。

ダイナミックさを旨とするギターは、時に撫でるように、時に叩きつけるように、ハードなブギのリズムから、繊細なバラードのハーモニーまで、指のみで演奏される。

kentabugs
kentabugsは日本のバンド。結成は2020年。レゲエ、ヒップホップ、ソウル、ブルース、ジャズなどを感じさせるサウンドと日本語の響きが懐かしくも新しい音楽を作り出す。アレンジから全てセルフプロデュースの1st album「moon dance」を2020年5月にリリース

2021-03-09

2021年3月20日(土) 「Apartment Live in Matsumoto』

apartment

壊れかけの万華鏡ローファイポップを奏でる鬼才ベッドルームポップシンガー
"Apartment"が再びギブミーに登場!

神戸の鬼才ベッドルームポップシンガー”Apartment”が登場!3組のソロアクトによるライブイベントを開催します。

Apartment”は、10代の頃より宅録作品を発表し、国内外のインディシーンで注目され続ける生井達也によるベッドルームポップソロユニット。キンクス、ビートルズ、ゾンビーズなどの60年代音楽〜オブ・モントリオール、ペイブメント、オリヴィア・トレマー・コントロールなどの90’s Lo-fiポップをこよなく愛するポップ偏執狂が生み出すのは、割れた音像の中から湯気のように止めどなく立ち上がる儚く美しいメロディが詰まった万華鏡ポップス。その愛らしい音に耳を傾けると、60年代のバンド演奏を廃墟に立ち上がるホログラム映像で眺めているかのようなノスタルジアが溢れ、口が張り裂けそうな笑顔を浮かべながら悲しい悲鳴をあげているような切なさを覚えます。カセットテープ、ローファイマイクなどを用いたライブパフォーマンスもまた素晴らしい!60’s サイケデリックロック、ソフトロック、ローファイ、ベッドルームポップ、インディポップファンは必見。

共演は、この2人。

1組目は、霧がかった深い森を想起させる厳かなフィンガーピッキングギターと、自分の生活圏内から滲みでてきた歪なボキャブラリーのコントラストが素晴らしい松本の幽玄アシッドフォークシンガー"玉屋”。密室的サッドネスと、頭のネジの緩んだユーモラスの境目で鳴る絶妙な温度感のフォークをお楽しみに。

2組目は、自宅を改装したライブスペース「井戸の底」の主としても知られる松本のファンタジックフォークシンガー“三井未来”。浮遊感漂う天然に奇怪なコード進行と、空気に溶け込む繊細なハイトーンボイスで、ファンタジー文学の一編を立ち上げていくように藍色のフォークを鳴らす!静かなトーンの中で感情のダイナミクスを込めるライブパフォーマンスが素晴らしい!

※キャパシティの50%の人数制限で行います。ご来場の際はマスクの着用の徹底をお願いします。

////////////////////////////////////

2021年3月20日(土) Give me little more.
「Apartment Live in Matsumoto』
▽LIVE:Apartment / 玉屋 / 三井未来
▽料金:¥1,800 (前売り当日共通) +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 / (開演)19:30
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

apartment
身の回りにある楽器とコトバのブリコラージュをカセットテープに流し込む宅録音楽家。2005年に1st album『Apantgarde』をリリースし、その後も3枚のアルバムを発表している(最新作は『apartopology』〔2011, noil records〕)。ソロやバンドでのライブも行っている。現在は東京から神戸に活動の拠点に移し、新たなアルバムを作成中。




2021年3月14日(日) 「Memoryhook Offline 2』



カルトベッドルームポップシンガーMemoryhook主催
ミュージックジャンキーたちによるDJパーティー。
今回のテーマは「勝手にサウンドトラック」

カルトベッドルームポップシンガーmemoryhookによるDJパーティー「Memoryhook Offline 2」を開催します!

「勝手にサウンドトラック」というテーマでDJたちがそれぞれ選んだ題材をイメージしたサウンドトラック的選曲を聴かせてくれます。(映画、抽象的なイメージ〜某アイス屋や某宅配サービスまでフライヤーに並ぶそれぞれのテーマからしてすでに興味をそそるものばかり…!)

がっつり踊りに来るもよし、テーマを噛み締めながらゆっくり耳を傾けるもよし、それぞれのスタンスで楽しめるパーティーになるかと!

さらに今回はデビューDJ枠も設けられ、2人のDJがこの日、誕生します。
エントランスも格安なので、お気軽にお越しください!

※キャパシティの50%の人数制限で行います。ご来場の際はマスクの着用の徹底をお願いします。

////////////////////////////////////

2021年3月14日(日) Give me little more.
「Memoryhook Offline 2』
▽DJs:Memoryhook / maca(永久凍土)/ コジマユウキ / Yugo"Scratch"Penny / 
riko(Marking Records) / 祖父 / Mukami 
▽料金:¥500  +1Dオーダー
▽時間:19:00 - 25:00

////////////////////////////////////

Memoryhook




2021年3月12日(金) 「GIFT / march 2021』 出演:ロッカクレンチ / カーテン / ビートばん

ロッカクレンチ
  

ビートばん

二声の掛け合いによる青白い微熱を帯びたアコースティックポップを奏でる
大学生デュオ"ロッカクレンチ"が登場!若手3組によるライブイベント。

今年初のライブイベントです。尾張の庭師・K氏(ex タクシードライバー)が企画する「GIFT / march 2021』を開催します!若手バンド3組が集結!

ゲストには、名古屋の大学生デュオ”ロッカクレンチ”が登場!アコースティックギターを中心としたシンプルな演奏スタイルながら、チャイルディッシュな歌声と太いアルトボイス、性質の違うふたりの歌声の重なりと掛け合いで、ときに豪快に、ときに繊細に紡いでいく青白い微熱を帯びた絶妙な温度感の歌。焦燥感と苛立ちが詰まったささくれだった言葉と、日陰を歩く哀愁とけだるさのメロディラインにヒリヒリと感情が掻き毟られます。

共演は、この二組。

1組目は、松本で注目の大学生オルタナ4人組バンド“カーテン”。ワンルームで暴発する孤独とフォーキーな歌心が躁鬱的に交差する不思議な魅力の楽曲と、捻れたナードな感性が宿る奇妙なフレーズ、インディミュージック愛に満ちた焦燥のアンサンブルに条件反射的に気持ちが高揚!

2組目は、昨年登場したアコースティックな質感のポップバンド”ビートばん”。暖気を纏った伸びやかな歌声、スピッツにも通じる跳躍する美しいメロディライン、空想と生活感が心地よく交差するリリック、親密感たっぷりのアンサンブル…短い活動歴ながら、ポップミュージックのツボを抑えた期待のバンドです!

////////////////////////////////////

2021年3月12日(金) Give me little more.
「GIFT / march 2021』
▽LIVE:ロッカクレンチ / カーテン / ビートばん
▽料金:¥1,500 (前売り当日共通) +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

ロッカクレンチ