2021-05-07

2021年5月29日(土)「ギブミーリトルモアライブ』 出演:マッスルNTT / memoryhook / nu

  

マッスルNTT

memoryhook

nu

シンセポップ〜エレクトロポップ〜カルトポップを交点に交わる
一風変わった3組のソロアクトによるライブ!

一風変わった3組のソロアクトによるライブイベントです!
マッスルNTTmemoryhooknuの3組が出演!

ゲスト1組目は、“マッスルNTT”。浜松を拠点に活動するテクノポップシンガー。サンプラー、リズムボックス、シンセなどを駆使しながらニューウェイブへの止まらないロマンティックが炸裂したハイテンションなストレンジ・ポップを鳴らす彼。日常の怒りから生み出される強烈なパンチラインの数々、ポップの魔法がかかったコールアンドレスポンス必至なメロディ、ニューウェイブ歌のお兄さん的なキレッキレ・ダンスパフォーマンス…ステージでめまぐるしく展開する一挙手一投足に爆笑しながら、じんわりと涙を浮かべること間違いなし!玩具の銃でマーブルチョコを乱れ打ちするようなカラフルな毒が溢れる彼の音楽、ぜひ体験してみてください!近年は、バンド編成での活動を経て、ソロに。ステージでの自由度も、歌モノとしての奥行きも増した彼の最新形をお見逃しなく!

ゲスト2組目は、愛知拠点のカルトベッドルームポップシンガー”Memory Hook”。ギブミーではDJイベント「Memoryhook offline」の主宰者としてもお馴染みの彼。ライブステージでは、坊主頭にド派手なルージュと巨大なイアリングを身につけた独特のゴスファッションで登場、ディレイとエコーにまみれた気怠い酩酊ビートの上で、紫色のロマンティックを纏ったセクシーな声で、夢遊病的な虚さを漂わせたメロディを歌い上げます。ヴェルベットのカーテンが妖しく揺れる薄暗い部屋で、幼少期に観たアニメやテレビゲームの断片的なシーンがブラウン管ノイズの中でくぐもった煌きを放つ…甘い夢なのか、はたまた悪夢か、その境目もわからないまま溺れていく奇妙な居心地の世界、ぜひ体験してください!ショーンニコラスサヴェージやホームシェイクなどのカルトポップのファン、80’sシンセポップ、lo-fi hip-hop、ヴェイパーウェーブのファンにもおすすめ!

松本からは、ZINE制作やDJとしての活動も行う”nu”がライブアクトとして久しぶりに出演!!密室的なGrimesへの愛〜DJ活動を経たダンスフロアでのアゲ感〜ジャパニーズサブカルチャーへの憧憬〜ZINEにも通じる泥臭いリリック…様々なレイヤーを行き来しながら脳内の混沌をロボティックな声でちぎり投げる、遊び心と衝動のエレクトロポップライブセット!

※キャパシティの50%に入場制限したかたちで開催します。

////////////////////////////////////

2021年5月29日(土) Give me little more.
「ギブミーリトルモアライブ』
▽LIVE:マッスルNTT / memoryhook / nu
▽料金:¥1,500 (前売り当日共通) +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 / (開演)19:30
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

マッスルNTT

memoryhook

nu

2021-05-06

2021年5月22日(土)「ギブミーリトルモアライブ』 出演:the yamadas / TANGINGUGUN / カーテン

 

TANGINGUGUN

オルタナティブ〜サイケデリックを交点に交わる
松本のバンド3組が出演!

この日は、松本を拠点に活動する3組のバンドが出演!オルタナティブ、サイケデリックを交点に交わるそれぞれの歌モノ音楽をお楽しみください。

出演1組目は、森林系アシッドフォークシンガー玉屋によるギターとコントラバスの兄弟デュオ"the yamadas"。霧がかった深い森を想起させる厳かなフィンガーピッキングギターと、自分の生活圏内から滲みでてきた歪なボキャブラリーのコントラスト、兄弟らしく自ずと揃う息ぴったりなアンサンブルは必見です。

出演2組目は、"TANGINGUGUN"。ツインボーカルのドリームフォーク/ウィアードポップバンド。くぐもったエコーサウンドの中で、情感たっぷりなどこか歌謡的なメロディ、土臭いサイケデリア、こっそりとしたへんてこファンクネスがぐちゃぐちゃに煮込まれた奇妙に揺らいだポップを鳴らす!6月リリース予定の新作アルバムの曲をデュオ編成でたっぷりと披露予定。

出演3組目は、松本で注目の大学生オルタナ4人組バンド“カーテン”。ワンルームで暴発する孤独とフォーキーな歌心が躁鬱的に交差する不思議な魅力の楽曲と、捻れたナードな感性が宿る奇妙なフレーズ、インディミュージック愛に満ちた焦燥のアンサンブルに条件反射的に気持ちが高揚!

来場しやすい料金設定にしました。ぜひ、遊びに来てください。

※キャパシティの50%に入場制限したかたちで開催します。

////////////////////////////////////

2021年5月22日(土) Give me little more.
「ギブミーリトルモアライブ』
▽LIVE:the yamadas / TANGINGUGUN / カーテン
▽料金:¥1,000 (前売り当日共通) +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 / (開演)19:30
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

玉屋
2008年頃から松本市を拠点に弾き語りを始める。
2009年頃、『犬とギター』を結成するも、1年ほどで解散。
2010年頃からは『玉屋バンド』としても活動中。
3枚の宅録ソロアルバムを経て、2016年3/5にミニアルバム『bird watching』をリリース。
幽玄なギターフレーズに隠しきれない天然感覚の言葉遣い。

TANGINGUGUN

2016年夏に松本で結成されたドリーミーフォーク / ウィアードポップバンド。読み方はタンギンググン。奇妙でlo-fiなエコーサウンドに包まれたサウンドスケープと、男女ボーカルによる歌謡感溢れるメロディ&ハーモニー。 2017年夏の終わりに完全DIYで制作された初音源となる5曲入りカセットテープ『馬鹿な魚』をリリース。2018年6月には、松本のバンドher braidsとともに韓国・ソウルで2日間のスプリットライブを行う。 2020年3月に2nd カセットテープ『安い呪文』をリリース。現在はギター、ベース、サンプラーによるデュオ編成をメインに活動。
これまでに、Tara Jane O'neil(US), Yumbo(仙台), moools(東京), 魚座(福岡), Dustin Wong & Minekawa Takako,cotillon(US), scott and charlene's wedding(AUS), Peach Kelli Pop(US), Parasol(韓国), Goonam(韓国)らと共演。



2021年5月15日(土)「seldom #6」

 


daborabo

山岸洋介

柳沢 耕吉

ギタリスト柳沢耕吉によるインプロヴィゼーション・ライブイベント”seldom”
第6回目は"daborabo"、"山岸洋介"の2組のゲストを迎えて開催!

ジャズ/即興演奏を中心に、音響作品の制作も行うギタリスト“柳沢 耕吉”主催のインプロヴィゼーションイベント「SELDOM #6」を開催します。

このイベントでは、毎回新たに登場するゲストと、主催の柳沢耕吉によるライブに加え、即興のコラボレーションの時間を設けて、相互に探り合い、影響しあいながら、変化していく様を楽しみます。「フリージャズ」、「実験音楽」、「アヴァンギャルド」などのカテゴライズへは向かわず、そこで起こっていることが何なのか?余白たっぷりの「曖昧な感覚」を呼び起こす現場をお楽しみください。

第4回目のゲストは、”daborabo”、”山岸洋介”。

daborabo”は、イラストレーター"山崎 美帆”による音楽パフォーマンスプロジェクト。可憐で、繊細であると同時に奔放なタッチのドローイングと、カシオトーンとディレイペダルによる宇宙アンビエント演奏、不思議なオブジェクトを組み合わせてアナログに生み出す光と影のビデオ投影…これらの行為がステージの上で同時に展開されて一編の物語を紡いでいくシネマティックなパフォーマンスは必見!

山岸 洋介”は、上田市在住の音楽家/イラストレーター。シカゴ音響シーンを彷彿とさせるロックバンド「likea」での活動を経て、現在はギター、アンプ、紙、鉛筆、絵の具などを用いた即興演奏を行う彼。ギターアンプのフィードバックが生み出す振動によるアクションペインティングのようなパフォーマンスは必見。

主催者・”柳沢 耕吉”はジャズ/即興演奏を中心に活動し、最近は音響作品の製作にも力を入れている松本在住のギタリスト。ギター演奏とカセットテープやポータブルレコードプレイヤーを用いたパフォーマンスを行う彼、今回はどんな演奏を聴かせてくれるか楽しみです。

イベントのクライマックスには、3組による打ち合わせなしの即興コラボレーションもあります!それぞれのライブセットはもちろん、セッションタイムもお見逃しなく!

////////////////////////////////////

2021年5月15日(土) Give me little more.
「SELDOM #6」
▽Live:daborabo / 山岸洋介 /  柳沢耕吉
▽料金:¥1,000 +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 / (開演)20:00

////////////////////////////////////

daborabo
長野県上田市出身
明治学院大学 フランス文学科卒業 
セツ・モードセミナー卒業

 現在は松本を拠点にして、
雑誌、書籍、広告、CD・LPジャケット等のイラストを手がけている

 映像、音楽作品なども製作中

山岸洋介

1984年生まれ長野県上田市出身、東京都練馬区在住。絵を描いています。また、ギターを弾くことから音楽に関わり、バンド「ライカ」でギターを担当。他にも自然に関心を持ち、自然を楽しむバンドの「アルプス」に在籍。また即興演奏の場に関わる事もある。
自身が絵を書くことから 2010年より紙と鉛筆による演奏を始め、 同年展示も行う。
http://yosukeyamagishi.tumblr.com/

柳沢 耕吉

1990年生まれ、東京/長野育ち。15歳でギターを始める。大学からジャズに傾倒、卒業後ニューヨークへ渡り市立シティカレッジで学ぶ傍ら、様々な音楽家、芸術家と交流していく中で何かが曖昧になり、それを大切にしている。2017年に帰国、長野在住。野外録音と音響に注目した初作品「In The Dreams Some Drops Had」がパリで開催されたコンクールPrix Presque Rien 2017にて大賞を受賞。ジャズ、即興演奏を中心に活動している。

リンク:「プレスク・リヤン賞2017で頂点に立った、柳沢耕吉ってどんな人?」

2021-04-22

2021年5月2日(日) 『倉地久美夫 ソロライブ 松本編』

倉地久美夫

特殊な調性のギターと官能的な歌声が描くデカダンスの世界
異能のシンガーソングライター”倉地久美夫”がやってきます!
田口史人(円盤・黒猫)によるプチレコード寄席も!

プログレッシブな音階を用いた特殊なギタープレイ、シャンソンのような官能的な歌声、理解を超えた情景を立ち上げる詩作…全てが圧倒的にオリジナリティの塊としか言いようがない異能のシンガーソングライター”倉地久美夫”がやってきます!今回は、円盤(現・黒猫)の店主“田口史人”によるプチレコード寄席もセットで開催!

倉地久美夫”は、福岡と東京の二拠点を足場に活動するシンガーシングライター。高校時代よりシンセを用いた宅録を開始し、以後、舞踏・身体パフォーマンスシーンとの邂逅、菊地成孔、外山明らフリージャズ文脈の奏者との共演、シャンソン歌手・清水泰行への師事、第二回「詩のボクシング」全国大会優勝など数々の異色の経歴を経る中で、詩作、朗読、歌、ギター演奏、ライブパフォーマンスをそれぞれに異なったベクトルで熟成させたあまりにも独特な音楽性を確立。2011年には、彼を追ったドキュメンタリー映画「庭にお願い」(監督は「パビリオン山椒魚」「ローリング」で知られる冨永昌敬)が公開。2019年作ジムオルーク録音の「SOUND OF TURNING EARTH」はイギリスのレーベル”bison records”よりリリース。その存在は日本のみならず世界中の音楽マニアへと届いています!シャンソンや唱歌を彷彿とさせる歌唱法とアングラ芝居の一幕のような朗読によって紡がれる歌世界、市井の人々のプライベートな会話や頭の中の独り言を悪夢の中で受信してしまったかのような歪んだ情景や人間模様を立ち上げる言葉の力、曲ごとに独自のチューニングを施したシカゴ音響派のようにも中東音楽のようにも聴こえる弦の響き、クラシック的技巧性を交えたフィンガーピッキングから眉間に皺を寄せた殺気溢れる切れ味のストロークを行き来するギタープレイ…シンプルな弾き語りの演奏であるにも関わらず、そこに立ち上がるのは私小説的なフォークとは全く異なる地平で鳴るデカダンスたっぷりの夢うつつな世界。湿った万年床の上で金縛りにあうような恐怖と、美しいビイドロをうっとりと眺めるような甘美の狭間で鳴る快楽的な混乱!倉地ワールドを存分に味わえるこの機会をお見逃しなく!

そしてお馴染み、レコードにまつわるエピソードから昭和の人々の生活へと眼差しをむける聴く民俗学的生活史「レコード寄席」。今回のテーマは「詩人のレコード」とのこと。田口史人を語り手とし、倉地久美夫も参加。

濃厚な二部構成の一夜、ぜひお見逃しなく!

※キャパシティの50%の人数制限で行います。ご来場の際はマスクの着用の徹底をお願いします。

////////////////////////////////////

2021年5月2日(日) Give me little more.
『倉地久美夫 ソロライブ 松本編
▽LIVE:倉地久美夫
▽<レコード寄席>語り手:田口史人 ゲスト:倉地久美夫
▽料金:(前)¥2,000 / (当)¥2,500 / (学割)¥1,500  +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 / (開演)19:30
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

倉地久美夫






2021-04-21

4月24日(土) 『DOPEなHOPE #11』


恒例、ニューカマーライブイベント、第11回目!

これまでにも数々のニューカマーが登場してきた恒例企画『DOPEなHOPE』を久しぶりに開催!この状況で出演者が集まるか少し不安もありますが、この一年の自粛生活の中で新しく楽器を始めた人、別のアプローチを試している人もいるんじゃないかと思い開催することにしました。ギリギリまで出演者募集して、バンド、弾き語りからサンプラーによるライブアクトまで全5組の出演が決定! DOPEなHOPEとは ライブをするのが初めてのバンド、もしくは初めて試す編成、新しいプロジェクト、新しいアプローチ限定でのライブイベントです。これを機に誰かを誘ってバンドを組むもよし、一緒に演奏してみたい人とコラボしてみるもよし、家でこっそりつくっていた曲を外に持ち出して歌ってみるもよし、新しい楽器に持ち替えてみるもよし。音楽に限らずパフォーマンスをする人も。曲数が少なくても、むしろ1曲からでも大丈夫。音楽経験の有無も、上手い下手はもちろん不問。とにかく試してみたいことをやってみる場になればいいな、と。 このイベントから登場してレギュラーなライブ/パフォーマンス活動を行う人も多数。グッドミュージック誕生の瞬間に立ち会えるこの現場、お客さんとして参加しても楽しめるはず!
////////////////////////////////////////
4月24日(土) Give me little more. 『DOPEなHOPE #11』 ▽Live:pay check / 13 / HEN / gaku matsunobu / 黒澤正明 ▽料金:¥1,000 + 1 drink order ▽時間:(開場)19:00 / (開演)19:30

////////////////////////////////////////

<タイムテーブル>
19:00 OPEN

19:30-19:45 黒澤正明(弾き語り)
20:00-20:15 paycheck(バンド)
20:30-21:00 gakumatsunobu (MPCによるライブ)
21:15-21:30 13(MPCによるライブ)
21:45-21:55 HEN(バンド)

2021-04-06

2021年4月17日(土)『Another Edition』

 

海洋天堂

アイリッシュミュージックをベースに
ほんのりストレンジな陽だまりサウンドを奏でる"海洋天堂"が登場!

ジャパニーズインディをこよなく愛する岐阜の庭師・K氏主宰のライブイベント「Another Edition」を開催!

ゲストは、名古屋発、ヴァイオリンとギターと歌のアコースティックデュオ“海洋天堂”。アイリッシュ音楽とフォークをベースにした陽だまりサウンドと、プリミティブな歌声による素っ頓狂なメロディが妙にクセになる!牧歌的なアコースティック音楽のようでいて、「たま」を想起させる奇妙な日本語フォークの世界や、Kレコーズ周辺のDIYフォークにも共鳴するような天然のストレンジ感に魅了される人、続出!今回は、ベアーズマーキン、TANGINGUGUN、slumなどのバンドでドラムを叩いていた喜多良介がゲストドラマーとして参加するスペシャル編成で出演とのこと!

共演はこの二組!

1組目は、あまりに独特な弾き語りスタイルの鬼才フォークシンガー”鳩山 浩二”。太いバリトンボイスの美声に、ダイナミックたっぷり流麗なギタープレイで、ユーモアと悪意と趣味世界が交差する21世紀のフォーク〜ブルース〜ブギウギ〜シャンソンを奏でます。連想ゲームのように勝手に走り出す言葉の暴走列車!久しぶりの登場です!

2組目は、ギブミー初登場、安曇野の中村健太率いるスリーピースバンド”kentabugs”。ヒップホップ、ポエトリー、レゲエ、ジャズ、フォーク、サーフミュージックなどを咀嚼し、ジェントリーな手触りで淡く描くアコースティックアンサンブルと、ユーモアで戯けつつもどこか達観した視点で生活をカラッと描写するリリックが胸を打ちます!

人柄のユニークさがそのまま不思議な手触りとして反映された三者三様のアコースティックミュージックをお楽しみください。

※キャパシティの50%の人数制限で行います。ご来場の際はマスクの着用の徹底をお願いします。

////////////////////////////////////

2021年4月17日(土) Give me little more.
『Another Edition
▽LIVE:海洋天堂 / 鳩山浩二 / kentabugs
▽料金:¥1,500 (前売り当日共通) +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 / (開演)19:30
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

海洋天堂
懐かしくも、ちょっぴり寂しいフォークソングと、アイリッシュの伝統音楽を演奏するバイオリンとギターの二人組です。

鳩山浩二
エンターテイメント弾き語り。
普遍的な感情や独自の趣味の世界(伝統こけしやラーメン二郎)を、ユーモアと悪意を織り込みながら歌う自作曲の他、歌謡曲やJポップ、自訳のシャンソンなど、独自の解釈によるカバーの持ち曲も多い。

ダイナミックさを旨とするギターは、時に撫でるように、時に叩きつけるように、ハードなブギのリズムから、繊細なバラードのハーモニーまで、指のみで演奏される。

kentabugs
kentabugsは日本のバンド。結成は2020年。レゲエ、ヒップホップ、ソウル、ブルース、ジャズなどを感じさせるサウンドと日本語の響きが懐かしくも新しい音楽を作り出す。アレンジから全てセルフプロデュースの1st album「moon dance」を2020年5月にリリース

2021-03-09

2021年3月20日(土) 「Apartment Live in Matsumoto』

apartment

壊れかけの万華鏡ローファイポップを奏でる鬼才ベッドルームポップシンガー
"Apartment"が再びギブミーに登場!

神戸の鬼才ベッドルームポップシンガー”Apartment”が登場!3組のソロアクトによるライブイベントを開催します。

Apartment”は、10代の頃より宅録作品を発表し、国内外のインディシーンで注目され続ける生井達也によるベッドルームポップソロユニット。キンクス、ビートルズ、ゾンビーズなどの60年代音楽〜オブ・モントリオール、ペイブメント、オリヴィア・トレマー・コントロールなどの90’s Lo-fiポップをこよなく愛するポップ偏執狂が生み出すのは、割れた音像の中から湯気のように止めどなく立ち上がる儚く美しいメロディが詰まった万華鏡ポップス。その愛らしい音に耳を傾けると、60年代のバンド演奏を廃墟に立ち上がるホログラム映像で眺めているかのようなノスタルジアが溢れ、口が張り裂けそうな笑顔を浮かべながら悲しい悲鳴をあげているような切なさを覚えます。カセットテープ、ローファイマイクなどを用いたライブパフォーマンスもまた素晴らしい!60’s サイケデリックロック、ソフトロック、ローファイ、ベッドルームポップ、インディポップファンは必見。

共演は、この2人。

1組目は、霧がかった深い森を想起させる厳かなフィンガーピッキングギターと、自分の生活圏内から滲みでてきた歪なボキャブラリーのコントラストが素晴らしい松本の幽玄アシッドフォークシンガー"玉屋”。密室的サッドネスと、頭のネジの緩んだユーモラスの境目で鳴る絶妙な温度感のフォークをお楽しみに。

2組目は、自宅を改装したライブスペース「井戸の底」の主としても知られる松本のファンタジックフォークシンガー“三井未来”。浮遊感漂う天然に奇怪なコード進行と、空気に溶け込む繊細なハイトーンボイスで、ファンタジー文学の一編を立ち上げていくように藍色のフォークを鳴らす!静かなトーンの中で感情のダイナミクスを込めるライブパフォーマンスが素晴らしい!

※キャパシティの50%の人数制限で行います。ご来場の際はマスクの着用の徹底をお願いします。

////////////////////////////////////

2021年3月20日(土) Give me little more.
「Apartment Live in Matsumoto』
▽LIVE:Apartment / 玉屋 / 三井未来
▽料金:¥1,800 (前売り当日共通) +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 / (開演)19:30
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

apartment
身の回りにある楽器とコトバのブリコラージュをカセットテープに流し込む宅録音楽家。2005年に1st album『Apantgarde』をリリースし、その後も3枚のアルバムを発表している(最新作は『apartopology』〔2011, noil records〕)。ソロやバンドでのライブも行っている。現在は東京から神戸に活動の拠点に移し、新たなアルバムを作成中。