2021-07-30

8月14日(土) 『DOPEなHOPE #12』

 


恒例、ニューカマーライブイベント、第12回目!

これまでにも数々のニューカマーが登場してきた恒例企画『DOPEなHOPE』を開催します! 今回は、バンドセット多め、いまのところ全5アクトが出演予定! 開催ギリギリまでエントリー募集していますので、気になる方はぜひご連絡ください。 DOPEなHOPEとは ライブをするのが初めてのバンド、もしくは初めて試す編成、新しいプロジェクト、新しいアプローチ限定でのライブイベントです。これを機に誰かを誘ってバンドを組むもよし、一緒に演奏してみたい人とコラボしてみるもよし、家でこっそりつくっていた曲を外に持ち出して歌ってみるもよし、新しい楽器に持ち替えてみるもよし。音楽に限らずパフォーマンスをする人も。曲数が少なくても、むしろ1曲からでも大丈夫。音楽経験の有無も、上手い下手はもちろん不問。とにかく試してみたいことをやってみる場になればいいな、と。 このイベントから登場してレギュラーなライブ/パフォーマンス活動を行う人も多数。グッドミュージック誕生の瞬間に立ち会えるこの現場、お客さんとして参加しても楽しめるはず!
////////////////////////////////////////
8月14日(土) Give me little more. 『DOPEなHOPE #12』 ▽Live:Kryten / 横山瑞喜 / sbs / own / アナルエネマグラ 他 ▽料金:¥1,000 + 1 drink order ▽時間:調整中

////////////////////////////////////////

2021-07-20

2021年8月9日(月・祝)『トラペ座 Live in Matsumoto』出演:トラペ座、伴瀬朝彦

  

トラペ座


伴瀬 朝彦

祝祭と郷愁、狂騒と悲哀のテーブルミュージック楽団"トラペ座"
抒情的なほ
ろ苦ポップを奏でる音楽職人"伴瀬朝彦"がゲストに登場!

東欧/バルカン半島/黒海沿岸/コーカサス地方の民謡・舞踊曲や、歌謡曲、映画音楽、そしてそれらをオマージュした創作曲をレパートリーとして演奏する
3人組の楽団ユニット”トラペ座”が登場!クラリネット、アコーディオン、チェロという楽器構成で、泥まみれの美しさと情念を放つ民謡のような日本語詞の歌を交えながら、人生の悲喜交交を飲み込んで紡ぐ、祝祭と郷愁、狂騒と悲哀のテーブルミュージック=宴の音楽。時折みせる弦楽ドローンとアヴァンなクラリネットの旋律による幽幻なアンサンブルも素晴らしい!!メンバーは、こまっちゃクレズマ/うたものシスターズ/プチだおんなどで活躍する多田葉子、アコーディオン奏者でもあり日本では稀少なブルガリア/ギリシャのバグパイプ「ガイダ」のスペシャリストでもある大野慎矢、 biobiopatata/theBIGWAY等のグループや、舞台の劇伴などのチェロ奏者・菅原雄大。 情緒たっぷりなのに、どこかカラッとした彼らの音楽をお楽しみに!

もう1組のゲストは、”伴瀬 朝彦”。伴瀬 朝彦は、自身名義のシンガーソングライターとしての活動の他、アナホールクラブバンド、ホライズン山下宅配便、cookingsongs、片想い、Shohei Takagi Parallela Botanica(cero髙城晶平ソロ・プロジェクト )のメンバーでもあり、CM音楽始め多くの楽曲提供、サポート演奏も行う東京インディシーンを語る上では欠かせない音楽家。フォークロック、モダン・ブルース、ソウルなどのルーツミュージックへの愛が詰まった小粋なフレーズの数々、ドライな音像、緻密に淡々としつつも抒情的なベージュ色のアンサンブル、歌うだけで秋の風が吹くような伴瀬の哀愁ボイスが時々に表情を変えながらストーリテリングする孤独な男の世界。浮かび上がるのは、ビル街の中で取り残された老舗喫茶店、銀杏並木、トレンチコート…ほろ苦で、どこか寂しい背中を漂わせつつも、こっそりロマン派、過去の偉大な音楽に手をあわせながらも、挑発的な表情を浮かべ新しいポップスを生み出す彼。はっぴぃえんど、小坂 忠の70’sポップ~カーネーション、サニーデイサービスなどの90’s以降の日本語フォークロック~王舟、田中ヤコブなど近年のポップ職人たちの音楽が好きな人には絶対に聴いていただきたい!

松本からは森林系アシッドフォークシンガー玉屋によるギターとコントラバスの兄弟デュオ"the yamadasが出演"!霧がかった深い森を想起させる厳かなフィンガーピッキングギターと、自分の生活圏内から滲みでてきた歪なボキャブラリーのコントラスト、兄弟らしく自ずと揃う息ぴったりなアンサンブルは必見です。

////////////////////////////////////

2021年8月9日(月・祝) Give me little more.
『トラペ座 Live in Matsumoto
▽LIVE:トラペ座 / 伴瀬朝彦 / the yamadas
▽料金:(前売)¥2,000 / (当日)¥2500 +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

トラペ座

伴瀬朝彦








2021-07-16

7/23(金)24(土)8th Anniversary party!!!




おかげさまで8周年!
今年は2日間のアニバーサリーパーティーを開催。
総勢20組が出演!

無事に8周年を迎えることができました!
今年は、松本周辺で活動する音楽家たち20組(ライブアクト16組、DJ4組)が出演する2日間連続の周年パーティーを開催します!

////////////////////////////////////

“Give me little more. 8th Anniversary party!!!”

【 7/23 金 】
LIVE: gaku matsunobu / daborabo / okude / peycheck / HEN / 土井 園子 / 岡沢じゅん / The yamadas
DJ: トモスケ / 四畳半

【 7/24 土 】
LIVE: 13& / コモド大真面目 / カーテン / Memoryhook / TANGINGUGUN / padge / ビートばん / クイクイジーラ
DJ: lo mo / maca 

料金: 1日 につき¥1,000(+1 Drink Order)
時間: 17:30 - 25:00 (OPEN 17:00)

////////////////////////////////////

出演者紹介は間も無く追ってアップします。

2021-07-05

2021年7月21日(水・祝前) 『昭和どんちゃらリン ライブ 松本編』

昭和どんちゃらリン

おしゃべりアート

鳩山浩二

昭和ファンタジックミュージカルな「昭和どんちゃらリン」が登場。
突出したキャラクターの3組が激突するカルトポップな一夜!

京都の鬼才シンガー/パフォーマー”あたしよしこ”率いるユニット「昭和どんちゃらリン」がやってきます!歌謡スタイルをベースにしながら歌と芝居が混ざり合ったファンタジックなミュージカル的世界を展開。ドラム、サックス、ギターなどの生楽器を用いりながらも、どこかニューウェイブ風味の素っ頓狂なユーモアが冴え渡る!チンドン屋的な下町風情を醸したかと思えば、アヴァンジャズ〜ノーウェイブなドラム&ギターが吠えあい、取り憑かれたようなボーカルは脳内に見えてる地点へと観客を超高速で連れ去ってくれる!時折のメロウタイムには思わずホロリ。ジャンル不問なカルトポップをお楽しみに!

共演は、この2人!

久しぶりに登場、テクノポップ宇宙人”おしゃべりアート”。カラフルでトロピカルな手作り感溢れる変装に身を包み、80’sテクノポップへの憧憬がこじれたキッチュな電子音が踊るニューウェイブディスコビートと、シニカルなロマンと、夢想と、突然の地球生活のリアルが交差するリリックがジワジワと痺れます!

あまりに独特な弾き語りスタイルの鬼才フォークシンガー”鳩山 浩二”。太いバリトンボイスの美声に、ダイナミックたっぷり流麗なギタープレイで、ユーモアと悪意と趣味世界が交差する21世紀のフォーク〜ブルース〜ブギウギ〜シャンソンを奏でます。連想ゲームのように勝手に走り出す言葉の暴走列車!

突き抜けたキャラクターの3組が邂逅する一夜!頭がほぐれる一夜になりそうです。お楽しみに!

※キャパシティの50%の人数制限で行います。ご来場の際はマスクの着用の徹底をお願いします。

////////////////////////////////////

2021年7月21日(水・祝前) Give me little more.
昭和どんちゃらリン ライブ 松本編
▽出演:昭和どんちゃらリン / おしゃべりアート / 鳩山浩二
▽料金:(前売当日共通)¥1,500  +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:30 / (開演)20:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

昭和どんちゃらリン


おしゃべりアート


鳩山浩二



2021年7月17日(土)黒猫presents『入船亭扇里落語会+レコード寄席落語編』

 


入船亭扇里

落語会やります!!!
幅広いフィールドで活躍し、落語の魅力を伝える"入船亭扇里"師匠が登場!
田口史人(黒猫)によるレコード寄席も同時開催。

伊那の本と雑貨と音楽の店「黒猫」(ex円盤)の企画による落語会が開催されます!

高円寺・円盤(現・黒猫)で月例落語会を開催、その他ライブハウスなどにも出演し音楽家とのコラボなども行うなど異色のフィールドで活動、落語の魅力を多くの人に広げる落語家”入船亭扇里”(いりふねてい せんり)師匠がギブミーに登場!!余計な脚色をしない研ぎ澄まされた心地よい話芸、丁寧な所作が魅力の扇里師匠。落語に詳しくない方もこれを機にどうぞ。

落語会に加え、黒猫店主”田口史人による恒例「レコード寄席」もあります!レコードにまつわるエピソードから昭和の人々の生活へと眼差しをむける聴く民俗学的生活史「レコード寄席」。今回のテーマはズバリ「落語」。

Give me little more.初の落語会をお楽しみに!

※キャパシティの50%の人数制限で行います。ご来場の際はマスクの着用の徹底をお願いします。

////////////////////////////////////

2021年7月17日(土) Give me little more.
黒猫presents入船亭扇里落語会+レコード寄席落語編
▽出演:入船亭扇里
▽<レコード寄席>語り手:田口史人 
▽料金:(前売当日共通)¥1,500  +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

入船亭扇里 いりふねてい せんり

昭和51年7月11日生まれ、
神奈川県出身。
平成8年 九代入船亭扇橋に入門、
前座名「扇ぱい」
平成12年 二ツ目昇進
「扇里」と改名。
平成22年 秋真打昇進。

寄席や落語会に出演。学校公演、子供とのワークショップ、FMラジオDJ、ライブハウスへ出演、また絵本やカセットなどを発表するなど、場所を選ばず、幅広い活動で丁寧な落語を聞かせ、その世界を広げる異色の活動でも知られる。



2021-06-29

2021年7月3日(土)「ギブミーリトルモアライブ』 ▽LIVE:cartax / sakasama / okude / gaku matsunobu


cartax
sakasama

異なるそれぞれのエレクトロミュージックが交わる一夜。

ギブミー初登場から久しぶりのアクトまでエレクトロミュージックを軸としたローカルアクト4組によるライブイベントを開催します!

出演1組目は、松本のクラブシーンでハウスDJとして活躍する”cartax”によるマシンライブセット。テックハウス的なミニマルで骨太なビートと、甘くささやく煌きのシンセのコントラストが眩い、脳も溶けて不要な言葉もいらない絶対的快楽主義なリゾートダンスミュージック!

2組目は、ネオンホールで開催されている「放課後音楽室」から派生したビートメイカーとギタリスト/エンジニアによるポップミュージックプロジェクト”sakasama”。脱力したユーモアが心地よいリリックと、甘い倦怠感が漂うサウンドによるシンセポップ〜ヒップホップ〜シティポップが交差したナードなベッドルームダンスポップ。

3組目は、電子音楽愛好家によるプロジェクト”Bricorage”のメンバーでもあるビートメーカー”okude”。Elektron社製のサンプラーを用い、レコードからのサンプリング音を過剰に加工してつくられたダークウェイブ〜トリルウェイブ的感性とも共鳴するコールドな質感のエクスペリメンタル・エレクトロ。

4組目は、先日のDOPEなHOPEにも登場した若手ビートメイカー”gaku matsunobu”。MPCから叩き出すJazzyなサンプリングソースで紡ぐ、エキゾチックな旅情と生活の匂いが交差したLo-Fiビート。

アプローチの異なる4組のエレクトロミュージックをお楽しみに!

※紹介順と出演順は一致しません。
※キャパシティの50%に入場制限したかたちで開催します。

////////////////////////////////////

2021年7月3日(土) Give me little more.
「ギブミーリトルモアライブ』
▽LIVE:cartax / sakasama / okude / gaku matsunobu 
▽料金:¥1,000 (前売り当日共通) +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

cartax

2021-06-10

2021年6月18日(金) 「ギブミーリトルモアライブ』出演:HEN / メコンス / 13 / しろ

 

メコンス

13

アブストラクトかつノイジーな
ジャンルを越えた4組のローカルアクトが出演!

ノイズ〜ハードコア〜エクスペリメンタル〜エレクトロ、アブストラクトでありながらも痛快なサウンドを鳴らす異ジャンルの地元アクト4組が出演!

1組目は先日のDOPEなHOPEで鮮烈なデビューを飾ったミニマルなポストハードコアバンド”HEN”。弦の生鳴りまで聴こえそうな弱音〜激情の音の壁のコントラストの効いたアンサンブルをダークブルーの闇で鳴らす!今回からギタリストとして尾崎氏(ex ジ・オーパーツ、kazzad、super me)が加入するとのこと!

2組目は、現在松本のシーンで引っ張りだこなトライバルエレクトロ音楽家”メコンス”。ブッダマシーンを中枢に据えつつ、シンセ、リズムマシン、エフェクトペダルを並べたセットから繰り出す東洋精神世界とネオンカラーのサイバーパンクが禍々しく交差した痛快なマシンライブトラベル!

3組目は、”だんだんよくなる”や”ナライガワ製作所”のコントラバス奏者として知られる中川文太によるMPCとバリトンギターを用いたソロプロジェクト”13”。生粋のHIP-HOPリスナーとして身に染み付いたサンプリング感覚とアヴァンジャズ経由の眼差しで生み出す混沌のサウンドコラージュ。

4組目は、長野市のニューカマーなノイズアクト”しろ”。ギターアンプとエフェクターを用いたセットで紡ぐ彼のノイズスケープは、反復しながら自然現象のように少しづつ表情を変えていきます。地表の割れ目から噴き出る奇妙なガスをずっと眺めているような、見知らぬ軟体動物の交尾を目撃してしまったかのような、妙な気持ち悪さと静かな興奮を掻き立てられることでしょう!

頭を揺さぶる実験性と、身体に響く轟音の快楽をどちらも味わえる一夜になるのではないかと!

※キャパシティの50%に入場制限したかたちで開催します。

////////////////////////////////////

2021年6月18日(金) Give me little more.
「ギブミーリトルモアライブ』
▽LIVE:HEN / メコンス / 13 / しろ
▽料金:¥1,000 (前売り当日共通) +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

メコンス