2022-06-18

2022年7月16日(土)「畑下マユ / 斉藤友秋 ライブ」 ▽LIVE:畑下マユ(with 元山ツトム) / 斉藤友秋 / daborabo / KUDO AIKO

    


畑下マユ

斉藤友秋


daborabo

KUDO AIKO

関西拠点のアシッドフォークシンガー畑下マユが
ペダルスチール奏者元山ツトムとツアーを敢行!

関西を拠点に活動するアシッドフォークSSW"畑下マユ"がペダルスティール奏者・元山ツトム(ゑでぃまぁこん、GO FISH Band Set)とのデュオ編成でツアーを敢行!"斉藤友秋"とともにギブミーにもやってきます!

"畑下マユ"は、ガットギターの弾き語りを軸にした関西拠点のSSW。2022年作1st アルバム「ちるちるみちる」を自主レーベル“melharp”よりリリース、豊田道倫のシングルへゲストボーカルとして参加するなど今、インディフォークファンの間でじわじわと注目を集めています。アシッドフォーク、英トラッドフォークを想起させるコード感が醸す神秘と静謐、金延幸子、テニスコーツにも通じる人肌を感じさせつつ魔法がかかったメロディライン、清らかに空間に溶けつつも、ほんのりと暗めな色調で憂いを帯びた歌声…時間の流れをスロウにして、立ち込める気配や細やかな光景の変化を言葉で捕まえていくようなイメージが迫る風景描写のリリックとも相まって、想像の森の中に連れ出されるような心地になる彼女の音楽。アルバムのエンジニアリングも手掛けた元山ツトムによる濃密な空気と奥行きのスティールペダルとともに、静かなサイケデリアに包まれた歌世界をお楽しみください!

"斉藤友秋"は、京都から東京、そして現在は上田市に拠点を移し活動するSSW、作曲家。京都時代には黒田誠二郎(ゆすらご)とともに間合いたっぷりの異色フォークポップデュオ"細胞文学"として活動。ソロ転身後は、ギターによる室内楽の作曲、ざやえんどうへの参加、biobiopatataとのコラボレーションも行い、大野悠紀、王舟、mmmら様々な音楽家からもリスペクト集めています。クラシックスタイルの卓越した爪弾きギタープレイには、鋭い緊張感と湿度のない秋枯れのボサノバといった風情の哀愁が漂い、遠い目をしながら呟く木訥とした歌い口には、発する言葉と心情の間に隔たる距離感があり、乾いた詩情が立ち上がります。剥き出しの感情を離れたところに残る凹凸のある歌の魅力、生々しい危うさを引き受けてたっぷりと間合いを生かした弾き語りスタイルの核に迫る彼の演奏をお楽しみに。

松本からは2組の共演者が出演。

共演1組目は、“daborabo”は、イラストレーター"山崎 美帆”による音楽パフォーマンスプロジェクト。可憐で、繊細であると同時に奔放なタッチのドローイングと、カシオトーンとディレイペダルによる宇宙アンビエント演奏、不思議なオブジェクトを組み合わせてアナログに生み出す光と影のビデオ投影…これらの行為がステージの上で同時に展開されて一編の物語を紡いでいくシネマティックなパフォーマンスは必見!

共演2組目は、エレクトロポップバンド"Far Farm"での活動を経て、東郷清丸バンドへのコーラスメンバー、「川村亘平斎とあだち麗三郎の影絵と音楽」に参加するなど声を軸としながら活動を行う音楽家“KUDO AIKO”。ソロでのパフォーマンスは、声のテクスチャーにフォーカスしつつ、ルーパーやサンプラーなどを使ったパフォーマンスを展開。R&B、ソウルミュージックに根ざしつつも、民謡や民族音楽などの土着音楽の世界にも造詣が深い彼女。声を主体としたミニマルなループの中で、声楽や現代のポップスとは異なる様々な発声法を取り入れ時空間旅行的感覚を呼び起こしてくれます。

それぞれの音楽家が立ち上げる"異界"を存分に味わえる一夜になりそうです。お楽しみに。

////////////////////////////////////

2022年7月16日(土)
 Give me little more.
「畑下マユ / 斉藤友秋 ライブ」
▽LIVE:畑下マユ(with 元山ツトム) / 斉藤友秋 / daborabo / KUDO AIKO 
▽料金:(前)¥2,000 /(当)¥2,500 +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:30 /(開演)19:00 
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

畑下マユ


斉藤友秋


daborabo


2022-06-17

2022年7月3日(日) 「メシアと人人『BOMB』リリースツアー松本編」 ▽LIVE:メシアと人人 / コスモス鉄道 / brake man house

   

メシアと人人

コスモス鉄道

京都インディの代表格バンド、ギターとドラムで轟音オルタナポップを鳴らす
"メシアと人人"が新作アルバム「BOMB」を提げリリースツアーを敢行!

京都のギターとドラムの轟音ポップデュオ”メシアと人人”がアルバム「BOMB」を提げてギブミーに登場!

メシアと人人 (にんじん)”は、京都発、ギターとドラムの男女によるオルタナティブロックバンド。フルストロークで掻き鳴らされる鋭角で夢幻な轟音ギター、地鳴りのようなローエンドと鋭い風のように小刻みに切り裂く金物による音像が素晴らしいドラミング、身体が張り裂けそうな叫びにも似たユニゾンボーカル…それらがひとつの塊となって叩きつけられる剥き出しの爆音オルタナ!もともとはベーシストの急な脱退のため止むを得ず始まったというベースレスの編成を逆手に奏でられる”隙間”を巡る攻防戦のようなサウンドは、時にジーザス・アンド・メリー・チェインでもあり、轟音を奏でるyo la tengoのようでもあり、ナンバーガールでもあるのに、肌触りはどれとも違う質感。飾りっ気なしの隣のお兄さんお姉さん的親しみをもった二人のキャラクターはどこまでもチャーミングで、そのキャラクターとバッチリ乖離のないリリックは、投げやり由来ゆえに信頼できるポジティブなスピリット〜ナンセンスなユーモア満載。ライブパフォーマンスは猫騙し無しのぶちかましステージング。今回は、初のフルアルバム「BOMB」を提げてのリリースツアーとして登場です!京都のインディバンド代表格なこの2人組をお見逃しなく!

松本発、ラッキーオールドサン、家主、台風クラブなどで知られるレーベルNEW FOLKからリリースしたミニアルバム「あしたのメ」以降、全国の早耳日本語ポップリスナーを魅了するフォーキー&ジャングリーなインディポップバンド“コスモス鉄道”も登場します!“コスモス鉄道”は、信州大学のカルトバンドサークル“ビートルズ研究会”から生まれ、現在はメンバーが各地に点在しながらも活動、全国の日本語インディポップファンを着実に虜にしている「ガチャポップ」バンド。日常でこぼれ落ちる感情を高解像度で拾い上げ、日常の穏やかさも、センチメンタルも、ヒリヒリとしたやさぐれも全て受け止めた衒いのないリリックがズサズサと心をえぐるヴォーカル/ギター“おいら”の歌心と、シティポップの洗練を通過しながらもガチャガチャとジャングリーに疾走するバンド然としたアンサンブルが最高に眩い!なんとギブミーには約2年ぶりの出演です!

松本からは、大学生オルタナバンド”break man house”が登場。ソニックユースを筆頭とした90’sオルタナティブへの憧憬がほとばしる刺々しいサウンドと、垣間見せる天然のポップセンスのコントラストが眩い!もともとはMPC同期スタイルのバンドだったところ、最近、ドラマーが加入。より生々しくなる彼らのサウンドをお楽しみに。

オルタナ、インディ、ギターポップのエッセンスとそれぞれのポップセンスが交差する一夜。お楽しみに!


////////////////////////////////////

2022年7月3日(日)
 Give me little more.
「メシアと人人『BOMB』リリースツアー松本編」
▽LIVE:メシアと人人 / コスモス鉄道 / brake man house
▽料金:(前)¥2,000 / (当)¥2,500 / (学割)¥1500 +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

メシアと人人

コスモス鉄道







2022-05-31

2022年6月24日(金)CITY BIKE RECORDS presents『kiss the gambler with 岡林風穂 JAPAN TOUR 〜松本〜その1』 ▽LIVE:kiss the gambler / 岡林風穂 / ビートばん

  


kiss the gambler

岡林風穂

チャイルディッシュであっけらかんとした歌声が魅力の
インディポップSSW"kiss the gambler"と
ユーモアたっぷりに軽妙な歌世界を立ち上げる
フォークSSW"岡林風穂"のスプリットツアー!

東京のインディ・ポップ・SSW"kiss the gambler"が、岐阜のフォーク・SSW"岡林風穂"とともに全国ツアーを開催。松本にも登場!主催は、kiss the gamblerの自主レーベルCITY BIKE RECORDS。

"kiss the gambler"は、2018年よりピアノをメイン楽器に据え活動するSSW。2021年8月に1st album「黙想」をリリース。(この春には、そのサウンドに魅了されたイラストレーター本秀康による雷音レコーズよりLP化!)声変わり前の少年の歌声とも評されるチャイルディッシュであっけらかんとした歌声で、言葉ひとつひとつをはっきりと投げかける中毒性たっぷりの歌唱。「みんなのうた」的にタイムレスな魅力を放ちつつもこっそりと冒険するメロディの上で、素っ頓狂な譜割りのリリックが独特なステップを刻む!ふと思い出す過去の記憶の風景を何度も反芻したり、人々の表情や仕草からそれぞれの悲しみを慈しむ歌詞世界には、特別ではない風景を固有名詞や会話言葉を交えてひとつひとつ瑞々しいものに変えていくスピード感たっぷりの言語感覚に溢れています。はにかんだユーモアの光線と夕暮れの哀愁が混じり合う不思議な色温度のポップソング、その数々をシンプルな弾き語りセットで味わえるこの機会をお見逃しなく!

ゲスト2組目“岡林風穂”は岐阜県多治見市を拠点に活動するシンガーシングライター。シンプルな純フォークマナーな弾き語りスタイルで、ユーモアたっぷりの軽妙な歌世界を立ち上げる注目の存在。日常の視界の隅で通り過ぎてしまうようなことを、石の裏をひっくり返すような小さな冒険心で切り取ったような歌詞は、その一節一節が短歌のような味わい…!歌詞に登場する意外なモチーフや風景が名脇役のように次々と登場しては去っていく姿を眺めているだけでも不思議な居心地に浸れます。情緒はあるけど、情念にはまかせない、あっけらかんとした湿度感をまといながら、どこか余裕の微笑みを感じる彼女の弾き語りをお楽しみに。

松本からは、アコースティックな質感の4人組ポップバンド”ビートばん”が出演!暖気を纏った伸びやかな歌声、スピッツにも通じる跳躍する美しいメロディライン、空想と生活感が心地よく交差するリリック、親密感たっぷりなバンドアンサンブル…短い活動歴ながら、ポップミュージックのツボを抑えた名曲を次々に投げかけてくる期待のバンドです!

日本語ポップ/フォークの新しい潮流を感じる3組が出演する一夜。お待ちしています。

////////////////////////////////////

2022年6月24日(金) Give me little more.
kiss the gambler with 岡林風穂 JAPAN TOUR 〜松本〜その1
▽LIVE:kiss the gambler / 岡林風穂 /  ビートばん
▽料金:(前)¥2,000 /(当)¥2,500 +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 /(開演)19:30 
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

kiss the gambler

岡林風穂





2022-05-21

2022年6月18日(土) 『ロッカクレンチ「簡単なことじゃない」リリースパーティー 松本編』 ▽LIVE:ロッカクレンチ(バンドセット)/ 金沢里花子(コスモス鉄道) / Paycheck

  

ロッカクレンチ

ヒリヒリとした焦燥感を纏った
名古屋の大学生アコースティックデュオ"ロッカクレンチ"が
EPのリリースパーティーを開催!

ロッカクレンチがEP「簡単なことじゃない」をリリース!松本のサポートミュージシャンを迎えてギブミーリトルモアで録音された本作のリリースパーティーを開催します!

"ロッカクレンチ"は、名古屋の大学生アコースティックデュオ!アコースティックギターと二人の歌を中心としたシンプルな演奏スタイルながら、チャイルディッシュかつ刺々しさを纏った歌声と陰を帯びつつも伸びやかなアルトボイス、性質の違うふたりの歌声の重なりと掛け合いで、ときに豪快に、ときに繊細に紡いでいく青白い微熱を帯びた絶妙な温度感の歌。日常の苛立ち、逸脱願望、夢想などをささくれだった言葉でユーモアを交えて投げつける挑発的なリリック、日陰を歩く哀愁と気怠さのメロディラインにヒリヒリと感情が掻き毟られます!サポートメンバーは、最近は海洋天堂やui iwasakiなどのサポートでの活動が目立つ"喜多良介"(Dr)と、"Paycheck"で活躍している"藤田玄太郎"(Ba)。ロッカクレンチの奥底に潜むロックミュージックの焦燥が、バンドセットによってスケール感たっぷりに拡張されるこの機会をお見逃しなく!

共演は、この2組。

共演1組目は、昨年NEWFOLKからリリース、全国の日本語インディポップファンを着実に虜にしているジャングリーフォーキーポップバンド”コスモス鉄道”のヴォーカル/ギター”金沢里花子”がソロで登場!日常でこぼれ落ちる感情を高解像度で拾い上げ、生活の愛おしさも、センチメンタルも、ヒリヒリとしたやさぐれも全て受け止めた衒いのないリリックでズサズサと心をえぐるとっておきのフォークソングの数々、必見です。

共演2組目は、松本のリトル・トムペティ!?やたらと90年代以前の音楽に詳しいキッズとして松本のフロアでここ数年目立ちまくっている”藤田玄太郎”が率いるパワーポップ/パンクバンド“paycheck”。何かをしでかすことに余念のないパンクな初期衝動ステージングと、ポップに身を捧げたグッドメロディによるいい意味で時代錯誤した正直で直球バンドサウンドが胸を打つ!最近は、泥臭いファンク的なアプローチも交差し、進化が止まらない!

グッドメロディだけどどこかヒリヒリとした3組の共演、ぜひお見逃しなく!

////////////////////////////////////

2022年6月18日(土) Give me little more.
『ロッカクレンチ「簡単なことじゃない」リリースパーティー 松本編
▽LIVE:ロッカクレンチ(バンドセット)/ 金沢里花子(コスモス鉄道) /  Paycheck
▽料金:(前)¥1,500(当)¥2,000 +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:30 /(開演)19:00 
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

ロッカクレンチ


2022-05-13

2022年6月17日(金) 黒猫プレゼンツ『EPPAIのライブとレコード寄席』

   

EPPAI

10個の楽器を同時に演奏するパンク大道芸ミュージシャン"EPPAI"が登場!
レコード寄席もあります!

伊那の本と雑貨と音楽の店「黒猫」(ex円盤)によるイベントです!ゲストには、10種の楽器を同時に演奏する狂気的なパンク大道芸人"EPPAI"(イッペイ)が登場!黒猫の"田口史人"による「レコード寄席」もあります!

ゲストの“EPPAI”は、アイリッシュ音楽をベースに、全身をフル活用しながら同時に複数の楽器を演奏するパンク大道芸ミュージシャン。左手に持ったフィドルを足に挟んだ弓で弾きながら、右手には電子ピアノ。独自のドラムセットを両足で叩きながらビートを刻み、ダミ声まじりの素っ頓狂な歌声でオノマトペのような謎言語の歌を歌う!繰り返しのない次々と立ち現れるメロディとともに凄まじいテンションで疾走するそのジェットコースター的なライブパフォーマンスで、世界中の路上を魅了してきました。日本全国はもちろん、フランス、スコットランド、アイルランド、ドバイ、韓国…世界各地のストリート・フェスティバルでショーを行う彼。時にはビール缶を噛みちぎり泡にまみれながら世界中の人たちと乾杯、時には子どもたちと輪になって喜びに踊る…その場に居合わせた人たちを事件的に巻き込む生粋のエンターテイナーでありながら、狂気まじりに異形の音楽を追い求めるEPPAIの演奏、必見です!

EPPAIの演奏に加え、黒猫店主”田口史人”による恒例「レコード寄席」のコーナーも。1枚1枚のレコードにまつわるエピソードから人々の生活へと眼差しを向ける、聴く民俗学的生活史「レコード寄席」。今回のテーマは、「ピンク・レディー栄枯盛衰」。時代の徒花、ピンク・レディーのデビューから解散までを追いながら、音楽業界の大きな転換に眼差しを向けます。お楽しみに!

////////////////////////////////////

2022年6月17日(金) Give me little more.
黒猫プレゼンツ『EPPAIのライブとレコード寄席
▽LIVE:EPPAI
▽レコード寄席:田口史人
▽料金:¥1,800 + 1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 /(開演)19:30 
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

EPPAI




2022-05-06

2022年5月28日(土)『Memory Off 6』 ▽LIVE:Boys Age / h-shallows / 土井園子 / TANGINGUGUN  ▽DJ:Fantacosma / lo mo

 

Boys Age

h-shallows

memoryhookによるライブ+DJイベント「Memory off 6」を開催!
ゲストに、DIYマスター"Boys Age"とギターポップアクト"h-shallows"が登場!

愛知のカルトポップシンガー"memoryhook"によるライブ&DJイベント「Memory Off 6」を開催!ゲストとして、Boys Ageh-shallowsが登場!

1組目のゲストは、埼玉在住の武藤カズナリによるベッドルームポッププロジェクト"Boys Age"。膨大なディスコグラフィーをもち、BURGER RECORDS、Nice Guys、galaxy trainなど国内外のレーベルからもリリース。代表曲”Postcards Holiday”はSpotifyで480万回以上再生されるなど、特に海外インディファンからの評価が高く、"Japanese DIY Master"の異名を持つ彼。(Bandcampのカタログにはなんと90以上のタイトルが掲載されています!)蕩けた調子ハズレの脱力ギターと、朦朧とした意識で呟く虚ろに耽美な低音ボーカル、道端のガラクタで精巧な箱庭を作り上げるような奇天烈なアイデアと確かな構築美のサウンドデザインによる彼の音楽。その世界に浸ると、転生できなかった亡霊が暇を持て余して悪戯をしかけているような、永続的な虚無感に包まれつつもどこか安堵する不思議な心地を覚えます。Mac DemarcoやHOMESHAKEを彷彿とさせる初期の気怠いインディポップな作風から、近作では坂本慎太郎にも通じるヴィンテージ風味なメロディの日本語詞楽曲〜架空の80'sアニメのテーマソングまで幅広いアプローチを展開。その妄想的世界は現在進行形で膨張中!シニカルな微笑みを浮かべながら煙にまくようにスイートな悪夢を紡ぎ続けるBoys Ageのライブ、お見逃しなく!

2組目のゲストは、Smokebees、Girl President、with me!、red go-cartなど12ほどのバンドに参加、ジャパニーズギターポップ/インディポップシーンで活躍するギタリスト/シンガーのMiki Hiroseによるソロプロジェクト"h-shallows"が登場!これまでにblue-very labelよりSputnik Sweetheartとのスプリット音源「split ep series vol​.​2」(2019)、galaxy trainよりsakana西脇一弘とのコラボレーション作品「we never sing the same song」(2021)をリリース。Tracey Thorn(Everything but the girl)を想起させる青白い熱を帯びた凛とした歌声、薄日の中で淡く奏でられるセンシティブなアルペジオギター、幅広いアプローチのフレージングやノイズに彩られながらもセピアカラーに抑制されたサウンドスケープ…ネオアコ/ギターポップへの確かな愛を骨格にして物悲しく甘美な白昼夢を紡ぎつつも、どこかその先を見据えた目線で語りかけてくる彼女の音楽。繊細さで流麗なギターバッキングの弾き語りセットでのライブで、より生々しくその叙情性たっぷりの世界を味わえるのをお楽しみに!

ゲストアクトに加え2組のライブアクト、2組のDJが共演。

松本からは、ツインボーカルのサイケデリックインディポップ/ウィアードポップバンド”TANGINGUGUN”が出演。くぐもったエコーサウンドの中で、情感たっぷりなどこか歌謡的なメロディ、土臭いサイケデリア、こっそりとしたへんてこファンクネスがぐちゃぐちゃに煮込まれた奇妙に揺らいだポップを鳴らす!最近はトライバルからトラップまで交差するエレクトロニクスを交えたデュオセットでの演奏を展開。

同じく松本から、松本のファンタジックフォークシンガー“土井 園子”が登場。浮遊感漂う天然に奇怪なコード進行と、空気に溶け込む繊細なハイトーンボイスで、ファンタジー文学の一編を立ち上げていくように藍色のフォークを鳴らす!静かなトーンの中で感情のダイナミクスを込めるライブパフォーマンスが素晴らしい…!

山梨からは、異国と音楽、カルトや、自然からインスパイアされた独自の世界観を、イラストやコラージュを主に国内外問わず制作&発表する”Sakura Fantasma”がDJ"Fantacosma"として出演。耽美なダークウェイブ〜エレクトロ〜ウィアード・ポップなどを愛する一貫した美意識が滲んだセット。

松本のDJアクトとして、"lo mo"が出演。ルーツであるカリフォルニアでのインディポップ/ガレージポップシーンでの体験に根差しつつ、セレクトする美メロなインディミュージックセットに、時折90's hip hopをmixする遊び心が楽しい!

インディポップ、ギターポップ、サイケポップ、ドリームポップ、ベッドルームポップファンにはたまらない一夜になること間違いなしです!

////////////////////////////////////

2022年5月28日(土) Give me little more.
Memory Off 6
▽LIVE:Boys Age / h-shallows / 土井園子 / TANGINGUGUN 
▽DJ:Fantacosma / lo mo
▽料金:¥1,500 +1Dオーダー
▽時間:19:00 - 23:00 ※OPENと同時にDJスタート 
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

Boys Age


h-shallows
 

TANGINGUGUN



Fantacosma

2022-05-05

2022年5月15日(日) 『ナガノミュージックシーンウォッチ』 (Give me little more. / ネオンホール共同企画)

長野ネオンホールとの共同企画!
長野の音楽スポット、シーンについてトークします。

レコ屋、カフェ、ライブハウス、クラブ、ジャズ喫茶ほか……長野県内で音楽を楽しめる場所、この時代のユースカルチャーとしての音楽はどうなってる?ギブミーリトルモアとネオンホール、それぞれの立ち上げ人の視点をベースに「長野の音楽シーンのいまを感じさせてくれるスポット」「どんな場所が、なぜ面白いのか」について語らいます。「ブルー○ス」誌長野県特集号での対談記事を下敷きにしつつ、誌面では語り足りなかった話をより深堀り!「実はこんな音楽スポットもあるよ!」「こんな音楽スポットあったらいいと思うけどどう思う?」なんていう提案も大歓迎。信州のミュージックシーンを俯瞰的に知ることで、長野での音楽生活をより楽しめるかもしれません。飲みがてらお気軽に覗きにきてみてください!

////////////////////////////////////

2022年5月15日(日) Give me little more.
ナガノミュージックシーンウォッチ
▽TALK: 清水 隆史(ネオンホール)× 新美 正城(Give me little more.)
▽料金:投げ銭 +1Dオーダー
▽時間:(開場)13:30 / (開始)14:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

同様の内容で5/22(日)にネオンホールでも開催します!
情報はネオンホールwebサイトをご確認ください。

////////////////////////////////////